尿漏れの症状克服でトイレの頻度を抑えよう|サヨナラ泌尿の悩み

看護師

筋力の低下によって起こる

悩み

尿漏れに悩まされているという人は少なくないでしょう。また、腹圧性尿失禁とも言われ、加齢による筋力低下から起こる症状として知られています。お腹に少し力が入っただけで尿漏れの症状が起こってしまうことがあるので、腹圧性尿失禁になってしまうと日常的のあらゆる場所で発生してしまうことでしょう。また、トイレに行く回数が増えてしまうのも尿漏れの特徴として知られています。手術を行ったり、専用の薬を服用することによって症状の緩和を進めていくことも出来ます。手軽にメスを使わずに治療が行えるレーザー治療も行われているので、このような方法を利用して腹圧性尿失禁を解消していくことも出来るようになります。身体に負担の掛からないための治療方法を提案してくれる医院探しも必要であるため、相談をしながら決めておくと良いでしょう。

尿漏れの症状が起こるという場合に備えて、尿漏れパッドを敷いて対策を進めていくという方法もあります。ショーツが汚れないためにも事前に備えておくことが必要になります。また、尿漏れパッドには様々な種類があるので、つけ心地などを踏まえて選んでいくことが必要になります。尿漏れは進行性の場合もあるので、進んでしまうまえに専門の医院でしっかり治療を受けておく必要があります。全国的に沢山の医院が展開されているので、それぞれの評判を確認しながら選んでいく必要があります。医院によっても診療の時間も変わってくるので、どのタイミングで利用するかどうかについても考えておくことが必要になります。週末も診療に対応しているところもあるため、このようなタイミングを利用して通い、効率よく症状の緩和を進めていくことが必要になります。

手術で改善できる

悩み

尿失禁にも様々な種類がありますが、特に女性に多くみられるのが腹圧性尿失禁と呼ばれるものです。他にも高齢者に多い切迫性尿失禁などがあります。治療方法としては、内服薬治療や手術療法があります。

読んでみよう

クリニックで違いがある

女性

新宿にも多くの泌尿器科が存在しますが、クリニックによって医師の技術力は違ってくるので事前に比較しておくのが良いでしょう。泌尿器に関する病気や症状であれば、基本的に治療してもらうことができます。

読んでみよう

薬で症状の改善を発揮

女性

埼玉にある泌尿器科では、薬を用いる治療方法の紹介を行っています。また、即効性のある薬もあるので、長い移動時間でのトイレにまつわるトラブルを防ぎたいという場合にも安心です。

読んでみよう